石原 新菜(いしはら にいな)内科医 イシハラクリニック副医院長

漢方医学的アプローチを取り入れられた現役医師

石原 新菜(いしはら にいな) プロフィール

内科医師 イシハラクリニック副医院長

 長崎市生まれ。小学校2年生までスイスで過ごし、帰国後は自然豊かな伊豆で育つ。医学生の頃から、『「体を温める」と病気は必ず治る』の著者でもある父の石原結實(ゆうみ)氏とともにメキシコのゲルソン病院、ミュンヘン市民病院の自然療法科、イギリスのブリストル・キャンサー・ヘルプセンターなどを視察し、自然医学の基礎を養う。
2006年医学部を卒業後、研修医を経てイシハラクリニックにて漢方薬処方を中心とする診療を行う。腹巻きやしょうがによる温め健康法の免疫力アップに着目し、クリニックでの診察をはじめテレビ、雑誌、書籍などでその健康効果を説いている。2児の母でもある。

■主な著書

『研修医ニーナの731日』(海竜社)
『「体を温める漢方」で不調を治す』(PHP研究所)
『腹巻き美人ダイエット』(海竜社)
『「体を温める」と子どもは病気にならない』(PHP研究所)ほか

石原 新菜(いしはら にいな) 健康セミナー

【募集終了】

身体

体を温める「漢方」でビジネスも絶好調になる

~現役医師が説明する 自分にあう漢方の選び方

講師:石原 新菜(いしはら にいな)(内科医 イシハラクリニック副医院長)

2012年10月20日(土) 11:00~13:00