心 身体

KLP1015

中谷彰宏の健康マネージメント術(入門)

~ 一流ビジネスパーソンになるための健康投資法

講師:中谷 彰宏(なかたに あきひろ)(作家/株式会社中谷彰宏事務所 代表)

オンラインセミナーのお薦めポイント!

サラリーマンとして生きる人間と、ビジネスマンとして生きる人間では、「健康に対する考え方が抜本的に違う」と、中谷先生は述べています。 本講座ではビジネスマンとして、なぜ「健康管理」が重要であるかを理解することから始り、自ら主となりこの時代を勝ち抜いていくための「健康マネージメント術」を学びます。 講座をご覧になられた方は、日々の行動様式が変わるかもしれません。

視聴時間/視聴期間 1時間28分 / 2年間
料金 3,000円(税別)

◆「サラリーマンを選ぶかビジネスマンを選ぶか」

今日のテーマは健康投資です。サラリーマンとしての健康の考え方と、ビジネスマンとしての健康の考え方とでは根本的に違います。今日する話は、世界に通用するビジネスマンとして、世界のリーダーになるための健康の話です。もし自分が「私はサラリーマンとして全うしたいんだ」という生き方を選ぶとするならば、自分はサラリーマンだったんだということを、ここで徹底的に噛み締めてもらえるようになると思います。

◆「3つの最適化をしよう」

ビジネスマンのための健康法として、しなければいけない3つの事柄。それは3つの最適化です。「習慣の最適化」、「姿勢の最適化」そして「学習の最適化」。この3つのことをしないと健康投資としては失敗します。健康に投資せずに、ビジネスマンとして成功した人は一人もいません。要は不健康で成功し続けているビジネスマンは、あり得ないということです。では、根本的にサラリーマンとビジネスマンは何が違うのか?サラリーマンは不健康が成功の一部です。十二指腸潰瘍をやらなければ一人前とは呼べない。というのがサラリーマンの世界です。

◆「日々の健康管理が勝負を分ける」

サラリーマンにとって健康であるということは悪です。あいつは仕事をしてないということになります。ところがビジネスマンで不健康だったら、勝負あったです。ギリギリの勝負のときに、どれだけのテンションがあるかは、その人の健康状態からきます。ここ一番での押し出しは、スポーツの試合と同じです。あらゆるプレッシャーがかかってくる中で、へなちょこにならないためには、日々の健康管理が勝負です。

◆「健康に対する意識が希薄なのは、世界で勝負していない証拠」

追い込まれると強いのは、サラリーマンです。ビジネスマンは日々で勝負しています。また、女性は美容と絡むので、女性が健康と言っているのは、ほぼ美容を指しています。それから男性は、ほぼ、健康に対する意識は希薄です。世界で戦うために、健康は、みんなが学んでおかなければいけないことだらけの世界です。男性は社長さんやCEOですら、健康に対する意識は希薄です。それはサラリーマンの延長で成り上がった人、世界で戦ってない人たちだからです。

◆「病院にはいつ行くか」
◆「健康法はギャンブルだ?」
◆「夜型人間は存在しない」
◆「自分の意識で習慣を決めている」
◆「病院代をケチると治療費は高くつく」
◆「治療医学なのか予防医学なのか」
◆「健康投資で成功が決まる」
◆「オーラは姿勢から出る」
◆「健康は投資だという意識を持って」

つづく

※講義録の完全版は、動画をご購入いただいた方に提供しております。

◆ ストリーミング(動画)映像は資料と連動で、2画面で表示! ◆

◆ 講義録完全版のイメージ図です ◆