身体

KLP1116-o

中谷彰宏の健康マネージメントの要諦(入門2)

~ あなたの未来の収入を決める健康投資

講師:中谷 彰宏(なかたに あきひろ)(作家/株式会社中谷彰宏事務所 代表)

オンラインセミナーのお薦めポイント!

ビジネスマンの健康管理はリスク回避の考え方から、よりパフォーマンスを出すための重要なスキルの一つに変わってきています。欧米の一流ビジネスマンは、"なぜファストフードを食べないか?"など。本講義では、健康に関する考え方や健康投資によって、未来の年収が決まるという斬新な仮説のもと、その根拠とともに学んで頂きます。今までにない切り口で、ビジネスマンとして健康を考える「きっかけ」なるコンテンツです。

視聴時間/視聴期間 80分 / 2年間
料金 3,000円(税別)

■ 参加受講生の声

◇30代 女性 医療メーカー

●健康の話。展開が成功・金運につなげるところがビジネスマンに対し、大変役に立つ内容でした。変わりのないリーダーの意識が根付く内容でした。

◇40代 男性 製造業

●今まで健康に関して学び実践してきました。中谷さんの口から別の表現で学びを再認識することができ、自信とモチベーションが高まりました。

◇30代 男性 建設業

●大変勉強になりました。今までと違う角度から健康を意識することができるようになったと思います。

◇40代 女性 広告業

●健康の基本からリーダーとの関係まで具体的かつ楽しく聴かせていただきとても楽しいセミナーでした。ありがとうございました!どんどん健康になって、どんどん良いものを選んでレベルをあげていきたいと思います。

◇ 40代 女性 小売業

●基本的なお話ながら、それがどれだけ大切なことかがよくわかる内容でおもしろかったです。せっかく伺ったので自分の中で習慣づけたいと思います。

◇ 30代 男性 情報通信業

●知識だけでなく、心にも効果バツグンの内容でした。ありがとうございました。

■ こんな方にお勧めします!

◆デキるビジネスマンの健康マネジメント方法を知りたい方
◆健康に投資する本当の意味を知りたい方
◆自分はまず何から始めて、何を目標にしていけばいいか知りたい方

■ コンテンツ内容(抜粋)

◆「食べているもので将来の収入が決まる」

サラダやタンパク質を食べている量で、将来の年収がほぼ決まります。サラダ、タンパク質を摂っていない人は貧乏人一直線になります。すでにアメリカでは、食べているものではっきりと生活格差が生まれています。大事なことは収入で食べているものが変わるのではなく、食べているもので収入の格差が生まれているということです。
健康管理にかける予算の問題です。治療(Cure)と予防(Care)では同じ効果を得るためには、予防にお金をかける方が正しいのです。どちらも健康になるためですが、治療と予防は本来比較のしようがありません。予防は予算が把握できます。毎月自分は予防費としていくらかけるか決められます。高ければ減らしたりしてハンドリングすることができます。ところが治療費はハンドリングできません。治療費になった時点でいくらかかるか把握できなくなるのです。いくらかかるのか把握できないものが勘定項目に出てきたら経営はアウトです。

◆「今年は風邪を何回ひいたか」

予防医学はモチベーションを高く持たなければ、自覚症状が無いので後回しになります。今年も風邪をひかなかったと思えること。究極は家の薬箱の中に風邪薬がなくなる状態です。これが最も予防に予算をかけている人です。そのために予算をかけなければならないのです。風邪は年1回ひいた時点で貧乏コースです。要するに健康管理とは、風邪をひかないということです。風邪をひくということはそれだけ免疫力が下がっているということです。ベストな状態ではないのです。風邪をひいているときにもしチャンスが来たとしたら、必ずそのチャンスは逃します。

◆「運動をしないと○○になる」

運動をしないとモテなくなります。スポーツができるとかできないとか、ということではありません。運動をしているかしていないかで、モテるかモテないかがくっきりと別れます。結果としてこれはビジネスに返ってきます。モテるというのは異性にも同性にもモテるということです。一緒に仕事をしたいというふうに人が集まるということです。運動をしていない人には人が集まりません。

◆「キムタクの名言」

キムタクが言った名言に、「健康であるということはエチケットである」というのがあります。皆がベストなものを作ろうと思って臨んでいる映画やドラマの撮影のときに、咳をしていたり、肌が荒れているような状態で行けばそれはエチケット違反です。要するに風邪をひくということが誰かにすごく迷惑をかけているということです。チームで仕事をする上において、こういう意識がないといけません。だから自分のためだけではなく、周りの人のために健康であるということはエチケットだということです。

◆「味オンチにならないためのコツ」
◆「身体が求めるものは身体が必要としているもの?」
◆「肥満は伝染する」
◆「規則正しい生活が成功に導く」
◆「健康は目減りするもの」
◆「投資をされるには健康であることが条件」
◆「健康はビジネスと同じ」
◆「ピンチを乗り切れるのは健康であるから」
◆「リーダーになるために必要なこと」

※講義内容の完全版は、動画をご購入いただいた方に提供しております。

◆ 動画映像は資料と連動で、2画面で表示!(パソコンでの画面) ◆