運動

KLP1301-o

ビジネスマンのマラソン運動効果 200%アップセミナー

 ~走るだけから、フォーム・ケガ予防・靴選びまで解る!

講師:本仮屋 雅美(もとかりや まさみ)(ランニングカンパニー・オフィス・モトカリ代表)

オンラインセミナーのお薦めポイント!

マラソンやランニングは、今や多くのビジネスパーソンが取り組んでいます。でも手軽に始められる分、ケガをする人も多いです。本オンラインセミナーでは、快適なマラソンライフを続けていくために、ケガ防止はもちろん、効率的に運動効果を得る正しいフォームや靴選び、食事などをポイントに「走る」について学びます。 初心者からベテランの方まで、しっかりとした基礎知識を身につけジョギングライフを楽しんでください。

視聴時間/視聴期間 72分 / 2年間
料金 2,500円(税別)

■ 受講者の声

◇40代 男性 大手IT企業

●優しい語り口でかつ理論に裏打ちされた説明で納得感がありました。トレーニングをしていれば、いつかフルマラソンもいけると思っていましたが、いろいろな体のケアやフォームなど、奥が深いことを知りました。フルマラソンに向けて準備していきたいと思います。

◇30代 女性 薬品メーカー

●とても楽しいセミナーでした。準備運動から、終了後のストレッチ方法まで、いろいろなことを教えていただきました。実際に試してみて実感もわきました。習慣化していきたいと思います。

◇30代 男性 シンクタンク

●走り始めて間もないですが、すごく勉強になりました。走ることの奥の深さや、思っていたとおり、走ることが体にいいということを、理論的に教えてもらいました。永続して走り続けることができれば、いつでも健康な体でいられると思いました。

◇20代 女性 薬品メーカー

●マラソンは初心者ですが、走ることが健康はもちろん美容にいいということがわかり、続けようと思いました。先生があれだけ楽しく話されていたのが印象的でした。今回基本的なことから、レベルアップするための方法まで知れて、すごく良かったです。実践編があれば絶対に参加します!

◇40代 男性 会社経営

●これまで本、雑誌、周りの市民ランナーからしか得られなかった知識や断片的な情報がまとまり、それ以上の知識を得られました。先生の楽しい講義っぷりが、改めて走る楽しさを思い起こさせてくれました。次回はNAHAマラソンに完走します!

■ こんな方にお勧めします!

★ ランニングやマラソンについて正しい知識を学びたい方
★ ケガなし病気なしの正しいフォームを身に付けたい方
★ マラソンの運動効果をアップさせたい方
★ マラソンについて疑問&悩みがある方
★ ランニングやマラソンをはじめたい方

■ オンラインセミナー内容(一部抜粋)

◆『「走り」の知られざる効果』

走ると代謝が上がり、体が元気になっていると感じます。その感覚には、ホルモンの活性化ということが関連しています。走り始めて大体15分から20分で、体の中にドーパミンというホルモンが出ます。それにより体が気持よいと感じ、「やれる」という気持ちを得ることができます。そして、20分以上走り続けると、セロトニンという快感を感じるホルモンが出ます。よりホルモンの分泌を高めるためには、20分以上走り続けることが効果的です。
実は、もう一つ新しいホルモンが出ることも分かっています。βエンドルフィンという、体を元気にして若返りに必要なホルモンなのですが、これは、1日ではなく、3日、1ヶ月、4年と、継続して走り続けることで、体に分泌されやすくなると言われています。
ランニングには若返り効果もあります。走ることによって、毛細血管が活発に成長し、血流がスムーズに体の中に行き渡り、老廃物を外に出すことができますし、大脳を若返らせる効果というのも、研究によってはっきりしています。
ランニングをしている人の中には、偉業を成し遂げている人がたくさんいます。ランニングというのは、体も支え、自分の思考も支えてくれる、すばらしい行為であると言えると思います。

◆『理想体型の作り方』

自分の筋肉量をチェックすることは、ランナーが生涯走り続け、そしてタイムアップするためには、非常に重要なポイントになります。早稲田大学の研究でも、筋肉量の多い人と少ない人を比べると、圧倒的に筋肉量の多い人の方が、体の老化が進んでいないという結果が出ました。やはり若返りには筋肉量が必要だということが分かっています。
走ることは有酸素運動なので、脂肪を燃焼させるために非常に効果的な運動ですが、基本的には筋肉量の増加は望めません。筋肉量というのは、筋肉に負荷をかけてトレーニングをしなければ増やすことはできません。走ることと同時に筋トレを行うことで、筋肉量を増やし、ランニングの効果を上げることができます。ちなみに何もトレーニングをしなければ、筋肉量は1年に1グラムずつ減っていきます。この減少を防ぐには、筋肉に負荷をかける筋トレが必要です。人間にとって筋トレは絶対に不可欠だというくらいに、ぜひ筋トレに意識を置いて欲しいと思います。
では、実際に筋トレ方法をお伝えします。

・シコのストレッチ
⇒ 相撲力士の「シコ」のようなストレッチで、腰痛予防、膝痛予防に効果的
・シコのストレッチ2
⇒内転筋を鍛え、膝痛防止に効果的~
・シコのストレッチ3
⇒骨盤締めスクワット。膝痛予防に効果的。ランニングフォームがきれいになるので、走る前後に必ず行うとよい
・ふくらはぎを鍛えるトレーニング
⇒ふくらはぎを鍛えることで、足首のトラブルも防止できる。角度をきつくすれば、お尻の付け根にも効く
・背中に効く腕立て伏せ
⇒ランニングに最も適した、背中を鍛えられる腕立て伏せ
・背筋を鍛えるトレーニング
⇒短時間で肩甲骨のすぐそばの部分だけを効果的に鍛えられるトレーニング
・腸腰筋を鍛えるトレーニング
⇒足の上げ下げに必要な腸腰筋をピンポイントで鍛えることができるトレーニング

◆『ストレッチ実践』

・正しい姿勢の作り方
⇒コアマッスルを意識することで、正しい姿勢を作る~
・ワニポーズ
⇒コアマッスルを効果的に鍛えるポーズ~
・ウェストに効くトレーニング
⇒ウェスト部分が鍛えられ、細くなるポーズ~
・体の芯を伸ばすストレッチ
⇒足の根元を伸ばすことで、ストライドが伸び、スピードアップに効果的なストレッチ
・前屈のストレッチ
・骨盤と体側を伸ばすストレッチ

その他

◆『生涯走り続けるコツ』
◆『マラソンタイムアップのコツ』
◆『若返り効果を上げるコツ』
◆『スピードアップのコツ』
◆『誰でも、有酸素能力を高めるコツ』
◆『ギア選びで効果を高める』
◆『瞬時に疲労を取る技』
◆『ランナー的栄養補給』
◆『レース前7日~10日は走らない』
◆『レース前日から当日までに出来ること』
◆『モチベーションの高め方』

※講義内容の完全版は、動画をご購入いただいた方に提供しております。

◆ 動画映像は資料と連動で、2画面で表示!(パソコンでの画面) ◆

.