【募集終了】

心

KLP1306

鈴木秀子先生直伝!アクティブ・リスニング

 ~交渉相手も味方にかえるコミュニケーション力

講師:鈴木 秀子(すずき ひでこ)(国際コミュニオン学会名誉会長、聖心女子大学教授、文学博士)

セミナーのお薦めポイント!


「聴き上手」の人の前に行くと「話したい」という思いが高まり、普段話さないことまでしゃべってしまう。ただ話を聞いているだけなのに、多くの人に好かれ、結果、多くのチャンスに恵まれる。自動車王ヘンリーフォードも「聴く」ことを成功の秘訣、としています。



今回のセミナーは、エニアグラムの第一人者にして、傾聴、コミュニケーションのプロフェッショナルである鈴木秀子先生からワンランク上のコミュニケーション術を手に入れてください!

日時 2013年7月4日(木)19:00~21:00
場所 東京都千代田区六番町1-7Ohmae@workビル
ビジネス・ブレークスルー六番町オフィス B1 セミナールーム ⇒map
定員 50名 参加費 募集終了しました。
主催 株式会社ビジネス・ブレークスルー
健康ライフプロジェクト(KLP) 『ビジネスマン健康カレッジ』事務局

■こんな方にお勧めです!

 ★ コミュニケーション力を強化したい
 ★ 「聴き上手」になりたい人
 ★ アドバイスを聞き入れてもらえるようになりたい人

■セミナー概要

『 成功の秘訣というものがあるとすれば、常に他人の立場を理解し、

  自分の立場と同時に、相手の立場でものを見る能力である。

  効果的に聴くことが出来れば、相手の立場に立って物事を見ることができる。』

自動車王ヘンリー・フォードの言葉です。
ヘンリー・フォードは「聴く」ことを非常に重要視し、「聴く」ことを成功の秘訣としていました。

コミュニケーションの重要性が今ほど叫ばれている時代はありません。

企業は、社員のやる気や創造性、個性や自信を引き出して、生産性を高めようとしています。また、国境を越えたグローバル化の中で、有能な人材が活躍できるための企業風土の改革にも取り組みつつあります。「コミュニケーションの達人」というと、かつては話し上手で、面白い話が出来たり、的を得たアドバイスができる人のことをいっていました。コミュニケーションの比重は、「話す」ことに置かれていたのです。

ですが、近年、「話す」ことより「聴く」ことにその比重は移り、
いかに「聴き上手」になるかが、コミュニケーションの最重要テーマされるようになってきています。

また、上司や先輩など指導する立場の人が、自分のアドバイスや意見を部下や後輩に受け入れてもらうのは想像以上に難しいことです。人は情報を一方的に伝えられていると感じると、往々にして拒絶感を持つようになるからです。その反対に、自分の話をよく聴いてくれる人の意見は、驚くほど素直に受け入れるものです。人の話を「聴く」ことができれば、相手に届く言葉で、アドバイスや意見を述べることが可能になります。

講師の鈴木秀子先生は、

エニアグラムを日本に紹介した第一人者として、国内海外を問わずにご活躍中の方です。また、シスターとして、ターミナルケア・グリーフケアにも永年たずさわり、「聴く」ことの重要性を説き多くの著名人からも支持をされています。

この「聴く」事の価値は、広く認識されつつありますが、どのように「聴く」かについて十分な知識を持っている人は、ビジネスの世界でも決して多いとは言えません。そして、いまだに「聴く」ことの価値に気づいていないビジネスパーソンも、実は沢山いるのです。

「聴く」事の重要性を知り、「聴く」技能を高めていくと、
人間関係は良好になり、新しい出会いと、チャンスが生まれてきます!

「聴く」技術を身に付けて、コミュニケーションにおける摩擦やギャップ、混乱を解消し、ビジネスにおいても飛躍的な成果をあげてください!

※セミナー参考書籍:『愛と癒しのコミュニオン』文春文庫

■セミナーで主にお伝えする内容

・【 聴く 】 とは
・【 聴く 】 際に、やるべきこと、やってはいけないこと
・【 聴く 】 を実践(ワーク)
・【 聴く 】 ことは人への最大の支援