【受付終了】

身体

KLP1305

超入門!世界的権威、安保徹先生の「免疫力」

~病気にならない身体を作る方法

講師:安保 徹(あぼ とおる)(新潟大学名誉教授/医学博士)

セミナーのお薦めポイント!


1年前のセミナーでは、約1ヶ月間で満員御礼となった超人気のセミナーです。 今回セミナーでは、さらに分りやすく簡単に、自分や家族を病から守る「免疫力」の秘訣をご紹介して頂きます。

日時 2013年8月9日(金)19:00~21:00
場所 東京都千代田区六番町1-7Ohmae@workビル
ビジネス・ブレークスルー六番町オフィス B1 セミナールーム ⇒map
定員 55名 満員御礼! ⇒お問合せ 参加費 受付終了しました。 動画はこちら
主催 株式会社ビジネス・ブレークスルー
健康ライフプロジェクト(KLP) 『ビジネスマン健康カレッジ』事務局

■こんな方にお勧めです!

★ 安保徹先生の講演を聞きたい方
★ 「免疫力」を高めたい人
★ 自然治癒力をあげたい人
★ 疲れをよせつけない体がほしい人
★ 疲れない心をつくるコツを知りたい人

■セミナー概要

病気になるか、ならないかは「心」で決まる。

医療技術が進む中で、逆説に聞こえるかもしれませんが、先端の考え方の一つです。

ストレス社会と言われる昨今、心が疲弊している人が急増しています。「ちょっとしたことなのに、クヨクヨと悩んでしまう」「なにをするにも面倒で、やる気が出ない」「すぐにムカッとくる」・・・

「病は気から」という言葉があるように、私たちの健康は心の状態に大きく左右されます。

心の状態がよければ、免疫力も高くなり、病気になることはありません。
逆に、心が暗く落ち込んでいたり、悩んでいたりする状態が続くと、
免疫力はガクッと下がり、病気を引き寄せてしまいます。
私たちの体の動きは、自律神経が調整しています。
呼吸をしたり、内臓を動かせたり、ウィルスなどの外敵から体を守ることが出来るのは、自律神経が正常に働いてくれているからです。

ところが、怒り、悲しみ、恨み、ねたみ、不安、恐怖・・・といったマイナス感情に心が支配されてしまうと、自律神経のバランスが崩れ、免疫力は低下してしまうのです。

心の疲れは、必ず体の疲れとなって現れます。頭痛、胃痛、腰痛といった不快な症状をはじめ、アレルギー、ガンといった病気を引き起こすことになるのです。

今回のセミナーでは、世界的権威である安保先生より、免疫学の見地から病になる仕組みを理解し、自分で自分の体を守るための秘訣をご紹介して頂きます。
どんな健康な人でも、無理をすれば、すぐに体にダメージが跳ね返ってくるようになります。

先に述べたように心と身体はリンクしています。
×「心の疲れ」 ⇒ 「体の不調」 ⇒ 病
◎「体の養生」 ⇒ 「心の養生」 ⇒ 病知らず!

特に、自律神経の中でも、休息、リラックスを担当する「副交感神経」を気持ちよく刺激するのが効果的です。

体の養生方法を知り、心の疲れを解消し、頭痛、腰痛、ガン、アレルギーをも寄せ付けない体を手に入れ、やりたいことが思う存分にできる、前向きな心と強い身体づくりのきっかけにしてください。

■セミナーで主にお伝えする内容

1.「免疫力を高める」だけですべてうまくいく!
2.「疲れない心」が体を強く、若くする!
3.免疫力を高める習慣
4.ストレスとの上手な付き合い方
5.「前向きな心」は、あらゆる症状に勝つ!