【募集終了】

心

KLP1205

誰も教えてくれなかった上司のトリセツ

~会社や上司と本音で心を通わすための7つの法則!

講師:清原 豪士(きよはら つよし)(ビジネスコーチ株式会社 パートナー)

セミナーお薦めポイント!


なぜ上司(会社)はわかってくれないのか?上司との円滑なコミュニケーションは自分自身ため、そして企業活動として必要不可欠。本セミナーは、今までにない部下目線で上司を理解・把握し、自分をうまく活かす方法を学びます
管理職を対象に行われきた「部下育成プログラム」、そこで展開されている上司のホンネと手の内もここで明かします。きっとこれからの行動源泉が変わると思います。

日時 2012年10月3日(水) 19:30~21:30
場所 東京都千代田区六番町1-7Ohmae@workビル
ビジネス・ブレークスルー六番町オフィス B1 セミナールーム ⇒map
定員 30名 参加費 募集終了しました。 動画はこちら
主催 株式会社ビジネス・ブレークスルー
健康ライフプロジェクト(KLP) 『ビジネスマン健康カレッジ』事務局

■こんな方にお勧めです!

◆会社や上司の考え方を理解したいと思う方
◆上司とのコミュニケーションに悩んでいる方
◆職場での自分なりの働きがいを追求しているビジネパーソンの方
◆将来の自分の姿に不安を感じているビジネスパーソンの方
★対象年齢:20代後半~40代前半まで

■セミナー概要

あなたは上司(会社)をどう評価しますか?

上司と部下との円滑なコミュニケーションは、自身のビジネスライフ構築のため、組織の活性化のために欠かせないものです。

しかし、お互い立場が違うことで分かり合えなくなり、特に立場の低い方は、精神的にもストレスを抱え、組織の生産性を下げてしまう根強い問題ともなっているのです。同じ組織にいて、目指すべき方向も同じはずなのに、なぜいつの時代も上司と部下は分かり合えないのでしょうか。

その一因として「見ている視点が違う」ことにあります。それぞれ与えられているミッションの中で「問題」の優先順位が異なっています。ボタンを掛け違えたままの議論は単なる「消耗戦」。お互いに立場や状況を理解し、分り合うことがまずは必要です。

上司とはいえ、社長以外は誰もが部下です。マネジャー(管理職)として部下をどう育成すればいいかなどの社内トレーニングはありますが、部下の立場として、どう上司とコミュニケーションを図っていけば良いのかというトレーニングは、ほとんど実施されません

部下は「黙って従っていればいい?」これは違います。

本セミナーは、部下目線で上司を理解・把握し、社内でうまく自分自身の活かす方法を学びます。「分かり合えない」とわだかまりを残したままで、損をするのは自分です。上司を理解することは、あなたのビジネスライフにおいても必ずプラスに働きます。
こんな現実をなんとなく実感しはじめているのではないでしょうか。

・現実 その1 : 上司はなぜ現場を分ろうとしないのか?
・現実 その2 : 会社は自分を必要としているのだろうか。
・現実 その3 : 会社に提言しても聞き入れてもらえないので、諦めている。
・現実 その4 : この会社で自分のキャリアビジョンがイメージできない
・現実 その5 : この会社でどう自分は立ち振る舞えばいいのか。

日々、職場の現実を目の当たりにし、上司と衝突し、部下の管理に悩み、そして山のような仕事をこなす。それでも「会社と上司を理解したい」「職場をあきらめたくない」と思っている方のために、このセミナーはあります。

講師の清原氏は、これまでに約50社、2,000人の役員、管理職を対象に行ったきた「部下育成プログラム」、そこで展開されている上司のホンネと手の内をここで明かしてくれます。上司(会社)をもっと知れば、あなたの考え方も変わるでしょう。

心が通い合う職場は、錆びついてた感覚が目を覚まします。打ち解け合い、ぶつかり合い、本気が生まれます。そして、夢を語る人たちが出てきて共感が生まれます。
このセミナーで「上司(会社)と心を通わせる」きっかけを掴んでください!

■セミナーで主にお伝えする内容

● 上司も悩んでいる(ホンネと手の内)
● 上司のトリセツ(タイプ別に見る上司とのコミュニケーションのとり方)
● ワークショップ:「ミドル考現学 ~今あなたに見えている上司の姿~」
● あなたの進む道(幸福なビジネスライフとは)
● 組織活性化へ!会社と心を通わせるステップ