【募集終了】

食

KLP1008

目からウロコ!ビジネスパーソンのための食の新常識

~あなたの知識は大丈夫?その勘違いが健康を害しているかも!

講師:柏原 幸代(かしわばら ゆきよ)(一般社団法人日本健康食育協会 代表理事)

健康のための食生活は「面倒で続かない」「我慢が必要」「制限される」と、思われていたら、もしかしたら健康情報を正しく捉えていないかもしません。ちょっとした勘違いや誤解が、未来の大きなリスクにつながります。本コンテンツでは、思わず「へぇ~」と、言いたくなるような目からウロコの食と身体の関係を、データや具体的な実例を交えながら、忙しいビジネスパーソンでも簡単に実践できる方法を分かりやすく紹介していきます。

日時 2010年8月26日(木) 19:30~21:30
場所 東京都千代田区六番町1-7Ohmae@workビルビジネス・ブレークスルー六番町オフィス B1 セミナールーム
定員 50名 参加費 募集終了しました。

“健康のための食生活”というと「我慢が必要」「制限がある」「面倒なもので続かない」
というイメージがありませんか?

やせるためには、体重を減らすためには、カロリーを減らさなければいけない、
と食事制限をしていることがかえって状態を悪くしているかもしれません。

・体重は減ったけど疲れやすくなった、身体が冷えやすくなった。
・手足は細くなったのに、おなか周りだけ痩せられない。
・すぐにイライラする、集中力がなくなった。
・なんだか気分が落ち込みやすい。
・風邪を引きやすい。
・一時的に減ったのにすぐにリバウンドしてしまった。
・食事を減らし、カロリーを減らしているのに、体重が減らない。
・肌が乾燥しやすい、吹き出物が出やすくなった。
・体重の割にはサイズが減らない。

などという症状に心当たりがあったら、食事が影響している可能性があります。

活き活きと仕事をこなすために、「健康」を考えてみてください。
人が「健康の大切さ」に気づくのは失ったときだけです。自らがつらい体感するか、
大切な方が健康を失ったときでないと、本当には気づけないのです。
そして気づいた時には、後悔しか残りません。
こんなはずではない・・・、あの時・・・そうなる前にぜひ知って欲しい。

無関心、暴飲暴食で健康を害している方は、まずそれを正すことからですが、
良かれと思ってやっていたことが、実は間違っていたとしたら、
それが原因で体調不良を招いたとしたら、そんな悲しいことはありませんよね。

今、様々な健康問題が増えている背景には、健康情報の誤解も大きく影響しています。
ちょっとした勘違いが、未来の自分の大きなリスクになっているかもしれないのです。

本セミナーでは、いつまでも健康で若々しくいるためには、どうしたらよいのか?
2万人以上の食のサポートをしてきた経験から導き出された新常識として、
理想論ではなく、日常の中で簡単に実践しやすい考え方をお伝えします!

小さな変化で大きな結果を出すポイントがどこにあるのか?
思わず「へぇ~」と言いたくなるような目からウロコの食と身体の関係を
データや具体的な実例を交えながら、たのしく聞いて頂ければと思います。

■セミナーでお伝えする内容

・カロリーの常識を考え直す
・間違いだらけのメタボ対策
・老化と’食’の関係
・メンタル、思考力を高める’食’とは?
・現在、3年先、10年先までバリバリ仕事こなす体作りのコツ

★目からウロコポイント
体重を減らすため、健康になるためにはカロリーを控えたほうがよいと思っていませんか?
見落としがちなカロリーの真実に、目からウロコが落ちるかもしれません。

 などなど、盛りだくさんです!!!

受講対象者

  • 自分の食生活が乱れていると思っている方
  • 「食」について何を気をつければいいか知りたい方
  • 「食習慣」の改善について、簡単に実践できる方法を知りたい方
  • 「食」の改善など、どうせ続けられないと思っている方