【募集終了】

心

KLP1403

独学で「語学」をマスターできるマインドセット術

 ~再始動!アラフォーのための特別集中講座

講師:猪浦 道夫(いのうら みちお)(翻訳家/ポリグロット外国語研究所代表)

セミナーのお薦めポイント!


『語学で身を立てる』の著者が、あなたの右脳に語りかける、「ハイ・コンセプト」な語学学習術を一挙公開します。7か国語を操り、年間の多くを欧州で過ごす現役の経営者・教師である猪浦道夫氏が、アラフォーの日本人学習者に向けた特別ゼミナールです。あなたが抱く語学学習の考え方に、かつてないパラダイム・シフトが起こります!

日時 2014年2月8日(土)13:00~17:15
場所 東京都千代田区六番町1-7Ohmae@workビル
ビジネス・ブレークスルー六番町オフィス B1 セミナールーム ⇒map
定員 30名 参加費 募集終了しました。
主催 株式会社ビジネス・ブレークスルー
健康ライフプロジェクト(KLP) 『ビジネスマン健康カレッジ』事務局

■こんな方にお勧めです!

◆ 何度試みても、語学学習が長続きしない方
◆ 『出来る人の勉強法』を知って大きく得をしたい方
◆ 「特技は英語」だけではツマラナイと密かに考えている方
◆ 「英語すらできないのに、他の外国語なんて無理」、と思い込んでいる方
◆ 外国語でメールをほいほい書け、ネイティブと楽しんで会話できるようになりたい方
◆ 語学試験で、何度も悔しい思いをしている方

■セミナー概要

持続可能な語学学習とは、どのようなものなのか? もっと科学的で効率の良い学習方法はないものか? 語学の達人たちは、辞書をどのように活用しているのか?などなど、講師が35年間、1万人を優に超す学習者を観察・研究してきた「語学達人の共通点」を初公開します。あなたに成功する語学学習のレシピを提供します。

1.語学マインドセット 『 心得編 』 13:00~15:00

2.語学マインドセット 『 習慣編 』 15:15~17:15

もちろん質疑応答の時間も予定しています。

■シラバス

【心得編】

既に相当英語ができるはずなのに気づかず、いつまでも自分は英語ができないと思っている方は意外にも多いです。私たち日本人が他言語を習得するにあたり、背景にある思考方法や文化的な慣習が異なっているということを理解しないと、どうしても英語が出来ている気になりません。この大きな壁と言える隔たりを超えない限りは、いつまで経っても本当の意味で他言語を操ることはできません。私たちが壁と感じている部分には、様々な事実と理由が隠されています。

◆そもそも語彙の意味の分布やスピーチレベルの仕組みを知らないこと。
◆「文法」の意味を勘違いしている場合が多く、文法は暗記するものではない「理解するもの」なのです。「文法」とは、実はとてもシンプルであり、方法論は一日で学べるほどのものです。
◆作文力があれば、実は会話は怖くなくなります。
◆「語学力」とは、外国語運用能力だけでなく、結局、日本語の力、コミュニケーションする力も含まれています。そのコミュニケーションで重要なのは「誠実さ」です。虚栄心を取り除くことができれば、文化の差は案ずるに及びません。

などなど、テクニカルな部分ではなく、この「心得編」では語学に関する「メンタルブロック」を取り除いていきます。

【習慣編】

まず、私たちは語学を習得する上で、暗記要素の強いTOEICなどのスコアをベンチマークにしています。しかし、語学というのは、実は暗記力より理解力のほうがモノを言うので、ある意味でアラフォーの方々の方が適していると言えます。

外国語の能力は母国語の能力を上回ることはありません。なので読書の好きな人は幸いですが、読書が習慣化されていない方も活字に接することが語学を習得する上で、一つの大切な習慣でもあります。

また平易なメールを続けて書いて読むことも、とても良い習慣です。ネイティブだって発言、ライティングする順番に思考しています。日本語の順序ではなく英語の並びで理解するよう頭を柔軟にします。

新しい単語は、あたかも魅力的な異性に逢うときめきに似ています。人の顔や名前を覚えるのと同時に、その家族や友人のことも知っておくという丁寧さが、その単語に対する愛着を生み出すのです。さらに日本語化したカタカナ語は徹底的に調査してみてください。単語に心を込めて接すると、単語の方からあなたの脳に入ってきてくれます。お金や異性と同じで、追うと逃げて行ってしまいますよ(笑)

このように、この「習慣編」では、ちょっとした習慣化が、語学習得に欠かせないエッセンスであることを理解して頂きます。

事前告知!

※尚、本セミナーの続編『実践編・個別相談編』は、2月23日(日)13:00~17:15に開催予定です。小人数インタラクションを主としたグループ・ワークショップ形式で行います。