【募集終了】

心

KLP1005

心のフィットネス! 頭で考えても心は誤魔化せない

~しなやかさ精神と耐性を保つ"ストレス対処"の考え方

講師:マレーン澤田(まれーん さわだ)(株式会社 レスティ 代表取締役)

日時 2010年7月13日(火) 19:30~21:30
場所 東京都千代田区六番町1-7Ohmae@workビル ビジネス・ブレークスルー六番町オフィス B1 セミナールーム
定員 50名 参加費 募集終了しました。

どんなに能力やスキルがあっても、精神的に不安定になると自分自身をなかなか発揮しきれません。たとえば、大きな”ストレス”が自分に降りかかったときでも、精神的にしなやかで耐性で保つことができれば、「当初の志を曲げずに頑張りきる」「勇気を持って方向転換する」など、環境の変化や感情に左右されず、本来のパフォーマンスを発揮できるのです。

企業においても社員の精神的の安定を図る事は生産性のアップに確実に繋がります。
【メンタルタフネス(心の耐性を鍛える)】は、環境に打ち勝つためのセルフマネージメント法の一つですが、今回のセミナーでは、「メンタルタフネス」の一番の阻害要因である”ストレス”と、どう付き合い、そして対処していけば良いのかについて、場合場合による様々な考え方をお伝えします。

もちろん、適度な”ストレス”は成長促すスパイスになります。しかしスパイスだらけでは料理を台無してしまうように、有意識、無意識に関係なく過度な”ストレス”は取り去るに越したことはありません。

講師のマレーン澤田さんは心理学を修められ、自らも経営者として手腕を発揮されている方です。様々な経営者仲間やビジネスパーソンを見て来られてきた中で、心理学的なアプローチ以外にも、ご自身で培ってこられた理屈でない考え方や実践方法などもお話いただけます。

■セミナーでお伝えすること

序章:「メンタルタフネス」が”変化”をもたらす。
 ・自己成長を楽しめるビジネスパーソンになる考え方
 ・リフレーミング(視点の変換)が上手になる考え方
 ・ゴールを奪うための感情のコントロールの考え方
 ・変化に対応する軌道修正の考え方
 ・ライフスタイル全般の質の向上のための考え方

■ストレスマネージメント法
 ・精神的にダメージ、落ち込む原因メカニズムを知る。
 ・ストレスの原因、生まれるメカニズム、陥りやすい気質を知る。
 ・原因を知ることにより、回避方法を学ぶ意識を高める。

 ・ストレスの対処法
   ストレスの対処法には、主に4つのアプローチポイントがあります。
   各ポイント毎での対処法を学び、各人や状況に応じた対処法を見つけます。

   1:ストレッサーへの介入(刺激;原因への介入)
     環境調整法、組織ストレス軽減、オペラント技法

   2:認知への介入(認識の仕方への介入)自己イメージへの再検討など
     認知療法、合理情動法、自己イメージ

   3:対処法への介入(対処技法の介入)
     ストレス免疫訓練法、社会スキル訓練法、行動リハーサル法
     セルフモニタリング(感情移入なく客観的に自己を見る)

   4:ストレス反応への介入
     自律訓練法、リラクセーション、バイオフィードバック
     呼吸法、ヨガ、アロマテラピーなど

■講師のマレーン澤田さんより

なかなか歯車がかみ合わないこの時代、「ポジティブ思考、前向きな考え方をしなくてはならない」と理屈で言いきせ、自分の心のケアが出来ないままに、誤魔化しながら突き進んでる方々も少なくなと思います。

ポジティブ思考教本の中には、まるで呪文を唱えるかのように「絶対やり遂げる」「成功しないはずがない!」「失敗するのは疑念が生じたときだ」など思い続けることの重要性を説いています。それは、一理あるとは思いますが、言葉は生きているものです! 思いのない言葉が相手に伝わらないように、本当に心の底から感じ納得して自分に話しかける自分自身の言葉でないと奮い立たせるエネルギーにはなかなか成りにくいのが現状ではないでしょうか。

メンタルタフネス=精神強化技法は、強い心を持つというよりは、多様なものの考え方、柔軟性を持つことにより、しなやかで折れない芯の強い心を育成する方法として提案しています。セミナーに参加していただいた方々、一人ひとりが、明日から、そしてこれから目にするもの関わる全てに対し、少しでも違った感覚を持ち、見方を変化させることができれば、うれしく思います。

皆さまが持つ魅力が、感情の波に飲み込まれず、輝きを増ながらビジネス、ライフスタイル全体がありたい姿と幸福に満ちたものになるように。

Malane.Sawada

受講対象者

  • ストレスを日々感じている方
  • ストレスの対処法を知りたい方
  • 学術的かつ実態的な心のケアー方法を知りたい方