【募集終了】

身体

KLP1407

夏井睦先生の『炭水化物が人類を滅ぼす』セミナー

~ 「糖質制限」から見えてくる、常識に隠された罠!?

講師:夏井 睦(なつい まこと)(医師/練馬光が丘病院 形成外科科長)

セミナーのお薦めポイント!


世界保健機関(WHO)は今年3月5日、糖分の摂取量に関する指針案を発表しました。糖分が人類を滅ぼす!?と、世界も動き始めています。



講師の夏井睦先生は傷の治療において今までの非常識であった「湿潤療法」を確立し、医療界のパラダイムシフトを起こした方です。今回は、栄養学を通じて、私たちが大きく前進するための「常識」の疑い方をお話頂きます。ベストセラーとなった『炭水化物が人類を滅ぼす』の秘密を明らかにします。

日時 6月13日(金)19:00~21:00
場所 東京都千代田区六番町1-7Ohmae@workビル
ビジネス・ブレークスルー六番町オフィス B1 セミナールーム ⇒map
定員 50名 参加費 募集終了しました。
主催 株式会社ビジネス・ブレークスルー
健康ライフプロジェクト(KLP) 『ビジネスマン健康カレッジ』事務局

■こんな方にお勧めです!

◆ 夏井先生の理論に興味のある方
◆ 栄養学の新たな常識を知りたい方
◆ やせたい、健康的になりたい方
◆ 偏った情報ではなく真実を確かめたい方
◆ 健康リテラシーを高めたい方

■セミナー概要

世界保健機関(WHO)は2014年3月5日、糖分の摂取量に関する指針案を発表しました。

砂糖類が虫歯はもとより肥満などの生活習慣病の原因となり、慢性疾患にもつながるとして、1日に摂取する砂糖類の適量目標を「25gまで」と設定しました。

紅茶用ティースプーン6~7杯が、砂糖約25gです。

農林水産省によると、日本人1人あたりの平均砂糖消費量は約45gとなっています。
大さじ1杯のケチャップ(砂糖約4g)、炭酸飲料1缶(砂糖約40g)の計算です。

糖分が人類を滅ぼす!?と、世界も動き始めています。

イスラエルのDIRECT研究グループから端を発した糖質制限ですが、体重が減る、ウエストがくびれる、内臓脂肪がなくなる、高血圧・高脂血症が治る。肌の調子が良くなって、ニキビが消え、アトピー性皮膚炎がよくなる。不眠症がよくなって、夜ぐっすり眠れるようになる等々、驚きの効果が満載です。

頭がスッキリし、昼食後に睡魔に襲われることがなくなる、二日酔いがなくなる、など未病の状態のビジネスパーソンでも大きな効果が期待できます。

講師の夏井睦先生は、糖質制限を自らを実験体として実践し、糖尿病でない人であってもその効果が十分にあることを立証されました。さらにはその考察を生命の進化史、人類文明史にまで派生させ、人類にとっての糖質摂取とは?との大胆な仮説も産みだされています。

 

「湿潤治療」※を確立し、治療界のパスファインダーとしても知られる、
夏井睦(なついまこと)先生は、こうおっしゃいます。

それは常識と思ったその時、人は思考停止状態になる。その瞬間、疑う心を失ってしまうのだ。「それは常識」「そんなのわかっていること」などという考えを捨て、現実に起きていることを虚心に眺めると、さまざまなものが見てくる。「わかっていること」の背後には膨大な「わかっていないこと」が隠れていて、そこかしこが「知の荒野・知の未開拓地」だらけなのである。

すでに踏み固められた道を歩くのは楽で安全だし、確実に目的地に着くことができる。しかしその道をいくら早く進んでも、一番乗りになることはできない。一方、荒野を歩くのは難儀で危険だし、第一どこに行きつくかもわからない。しかし、どこかに到達することが出来れば間違いなく一番乗り、トップランナーである”

 

「それは常識」を土台とした健康情報が氾濫する現代、夏井睦先生の「糖質制限」のお話を通じて、知の荒野・知の未開拓地の歩き方、進歩するための常識の疑い方を、ぜひ学び取ってみてください。読者のレビュー評価が高いように、満足いく内容が聞けると思います!この機会にぜひご参加ください。

■主なカリキュラム

1.やってみてわかった糖質制限の威力
2.糖質制限の基礎知識
3.糖質制限の問題
4.糖質制限をするとみえてくるもの?
5.「食物のカロリー」をめぐる諸問題
6.その他

※カリキュラムは予告なしに変更する場合がございます。

※湿潤治療とは
傷口を水道で洗い、ワセリンを塗ったラップを傷口に充てることで、傷口の乾燥を防ぎ、傷の補修を早める治療法。