【募集終了】

心

KLP1013

「アーユルヴェーダ」を知ろう!こんなところで役に立つ

~美容やエステ効果だけではなく、生きる科学が満載!

講師:田中 明美(たなか あけみ)(株式会社アユヴェリー 代表取締役社長)

日時 2010年10月16日(土) 17:00~18:30
場所 東京都千代田区六番町1-7Ohmae@workビルビジネス・ブレークスルー六番町オフィス B1 セミナールーム
定員 30名 参加費 募集終了しました。

皆さんは「アーユルヴェーダ」のことをどのくらいご存知ですか?
日本ではあまりなじみがなく、美容などに多く用いられていますが、
実はたいへん奥が深い思想があり、哲学を学ばれる方ならたどり着くとも言われています。

アーユルヴェーダは、アロマテラピー、ハーブ、ヨーガ、オイルマッサージなどの基であると言われ、数ある代替医療や現代医学にも大きな影響を与えているとされているインドの伝統医学です。

現代医学では、「病気のもと」を取り除き、正常な状態に戻すことを目的としていますが、そもそも「病気のもと」ができるまでには、いろいろな要因が重なり「病気のもと」を作ってしまいます。
自分の体質を知り自分の心身が一番安らぐように、自分の日常生活を改善し、その要因を生み出さないようにすることがアーユルヴェーダの基本的な考え方です。

健康診断を受けても、異常なし、医者にかかっても何でもない、
でも何か体が重い、調子がおかしい、憂鬱であると不調を訴える人は多いと思います。
原因が明確に分からなければ、現代医学では手の施しようがなく、
病気と診断されるまでの「未病」期間は、自分自身で何とかするか、
そのままやり過ごしかないのかもしれません。

しかし、アーユルヴェーダは自分自身の体を一番良く知っているのは自分であるとの考え方の基、
自己健康管理(セルフメディケーション)を日常的に取り入れ、「病気のもと」の要因を
生み出さないようにすることが必要だとしています。
日常生活の中に自分の体質やライフスタイルにあったやり方を取り入れていく事が大切で、
日々の行動様式をしっかり把握し、病気にならない身体作りを自分自身で工夫する事が、
アーユルヴェーダの考えであり、自分の体は自分が守るという事につながっていくのです。

ここでは言い尽くせないほど奥が深いものですが、簡単にご紹介するとこんなことろです!

今回のセミナーでは、アーユルヴェーダの入門として、
そもそもアーユルヴェーダって何?と思われている人からアーユルヴェーダの本来の教えや
考え方を客観的に知りたい方に、アーユルヴェーダの考え方を活用し、
活き活きと仕事ができるような日々の生活の過ごし方についてお伝えしていきます。

このセミナーはアーユルヴェーダを皆さんに強くお薦めするものはございません!
あくまでも客観的な正しい知識と理解をしていただき、ご自身合うようでしたら、
ぜひ実践して頂きたいと思います。

それでは楽しみにしていてください!

■セミナーでお伝えする内容

1.アーユルヴェーダとは?
  『 アーユルヴェーダの歴史(実はすべての医学の根源?) 』
  『 アーユルヴェーダの考え方 』
  『 そもそもどんな効果があるのか? 』
  『 アーユルヴェーダがなぜ全世界で支持されてきたのか? 』

2.日本におけるアーユルヴェーダは? 
  『 美容としてのアーユルヴェーダ 』
  『 現状の課題と今後の可能性 』

3.アーユルヴェーダを生活で実践するためのコツ
  『 日本のライフスタイルに合わせた活用術 』
  『 私たち日本人ができる、アーユルヴェーダとは? 』
  『 日々簡単に実践できること 』 

4.まとめ

受講対象者

  • アーユルヴェーダについて知りたい方
  • 健康に関する知識をつけたい方
  • 健康ビジネスに関わっている方
  • 自分のライフスタイルの質を高めたい方